飲食店における顧客管理の活用法とは

大切な顧客情報、しっかり活用!

情報の収集と管理

一定数の情報が必要

集めた個人情報を使えるものにするには、それなりの量が必要です。
来店時の人数、年齢、家族構成などを細かく記すことができればいいのですが、代わりにアンケート用紙で情報を回収するのが、よく見かける手法ですね。
頼んだ料理やお酒の種類など、個々に対する分析だけでなく、全体の傾向として集計したり、年齢別に食事の傾向を知ることで、新旧のメニュー考案だけでなく、フェアなどに活用できます。
チェーン店では難しいと思いますが、個人店であれば、お客様とのちょっとした会話などからも情報は聞き出すことができます。
例えば、「辛いものは大丈夫ですか?」とか、アレルギーを聞いてみるなど、サービに活用できそうな情報も大切です。
こちらの利益になる情報と、お客様のためになる情報、どちらも精力的に集めたいものです。

管理ソフトと選び方

管理ソフトはたくさんありますが、パソコンを利用するのが一般的でしょうか。
ソフトを使用しなくても、パソコンであればエクセルを使って管理することが可能ですし、実際にそうしている店も多いと思います。
表計算や統計など、入力情報を加工する機能もたくさん備えていますから、特殊なものでない限り、エクセルで十分対応できます。
全国展開しているチェーン店などの顧客情報管理は、それ専用に開発してもらうケースもあります。
こうなると一つのプロジェクトになりますから、手軽にできるわけではありませんよね。
保守や改良なども合わせて検討することになるため、小規模店には向かないでしょう。
顧客数や店の規模、管理方法にもよりますが、スマートフォンアプリもいくつかあります。
完全無料のものもありますので、いろいろ見てみると良いでしょう。