飲食店における顧客管理の活用法とは

大切な顧客情報、しっかり活用!

経営の大きな比重を占める顧客情報管理

顧客の情報を管理するという事

情報の管理について、昔に比べてとても厳しくなっている現代で、顧客の情報を取得し、管理していくことはそれだけでもリスクです。
情報はそれだけで貴重な財産となります。
いたずらに流出させてしまえば、顧客に迷惑ばかりか損害が発生し、お店にとっても不利益になり、最悪お店の存続にかかわるほど大きな事態になってしまうこともありえます。
それでも、顧客の情報を集めることで生じる利益を取るのは、それだけ効果が大きいからという事でしょう。
最近は、顧客の側も個人情報を提供することに慎重になってきています。
自分の知らないところで勝手に情報が漏れ、悪用されることを警戒しての事ですし、そもそも情報の提供は任意ですから、店側はどうすることもできません。
そういったリスクを承知の上で提供してくれる情報を、店はきちんと管理する義務があります。

情報流出のリスク管理は

今はあまりないかもしれませんが、紙ベースで管理している場合、すぐにわかる場所ではなくて、鍵のかかる棚などに保管しておくことは当然のことです。
場合によっては金庫に入れておくくらい、念を入れても良いでしょう。
パソコンなどで管理する場合は、パスワードやウイルス対策をきちんと行う事が基本です。
また、それぞれ取り扱うことができる人も限定しておきます。
万一の時、その原因や関係者を特定するためにも有効です。
また、情報の正確性も担保しておく必要があります。
元となる情報が誤っていれば、情報の意味がなくなります。
内容を確認して時々棚卸をしたり、収拾する情報の項目を見直すことで、精度の高い情報を保有することができます。