飲食店における顧客管理の活用法とは

大切な顧客情報、しっかり活用!

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

経営の大きな比重を占める顧客情報管理

顧客情報を管理するのに活用できるソフトやアプリなどもたくさん出ています。 クラウドを使って大量の情報を管理することも可能になりました。 何が一番使い勝手がいいのか、管理が楽で安全なのかを考えて選ぶ必要があります。 情報だけでなく、店としての管理体制も合わせて決めていきましょう。

情報の収集と管理

基本情報だけでなく、小さな情報によって経営が好転していくという例があります。 決められたものだけを収集するだけでなく、いろいろな情報に気を配っておきましょう。 情報量は多ければ多いほど良いですから、細かいことでも管理しておくことをお勧めします。

使うことで、使ってもらう

知ってもらう、知らせる使い方が基本ですが、こちらが出したいわゆる「宣伝媒体」をお客様に「使って」貰うと、より効果が高くなります。 今、一番の宣伝効果といわれる口コミも、何か加わっているほうがより宣伝に繋がります。 その先につながる新規顧客の獲得や、サービスの拡大は貴重なものです。

管理しなければ使えません

一口に飲食店といっても、その種類は様々です。
ファストフード店、ファミリーレストランから、和・洋・中の高級なお店まで、思いつくだけでも実に多種多様です。
顧客情報は、扱う飲食店の種類によってその情報の有効性が違ってきますが、活用の目的は、顧客満足度の向上や経営を順調に行う為であるということは、どのお店も同じではないでしょうか。
お店としてまず知りたいのは、年齢や性別といった基本的な情報です。
メニューの動向や、人気のアルコールなどを数値化することで、無駄のない仕入れに繋げることができたり、新しいメニューの参考にもなります。
また、住所を知ることで、どれくらいの範囲で集客できているか、どの辺りが未開拓かという事も把握できます。
家族構成からも様々な情報が読み取れます。
小さな子供がいれば、子供に対するサービスに特化してみたり、お年寄りには食べやすいように食器や食材に気を配ったりすることで、顧客の満足度を上げていくことができるわけです。
そうした手法が一般的になり、活用法も専門的になってきました。
情報データを数値化し、経営に役立てることができるようになり、より顧客情報の価値が上がってきます。
すると、情報の管理や活用法にリスクが生まれてきます。
保管に対する責任だけでなく、情報の確かさも重要ですから、店の経営の中でも大きな比重を占めてきます。
飲食店で重要な管理や運営に加えて、手間になる顧客情報の取り扱いを足すことで、注意すべき点はどんなことでしょうか。
活用する前に、まずはしっかりとした管理体制を作る必要があります。